2009年06月17日

リンス・コンディショナー・トリートメントの違いと正しいやり方

正しいシャンプーの仕方を覚えたら次は私もいろいろ疑問に思いながらやっていた正しいリンス・コンディショナー・トリートメントの方法です

●違いと役割

リンス:髪の表面のキューティクルを整え、すべりや滑らかさを与える。また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しない。

トリートメント:リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができる。

コンディショナー:髪の表面をカバーするという点では、リンスに近い。リンスよりも髪の表面のコンディションを整える力が強いものでリンストトリートメントの中間の存在。会社によって異なるので注意


またアルカリシャンプーで洗うと髪はアルカリ性になります。
髪や肌は本来弱酸性なのでリンスで戻してあげます
シャンプーでアルカリ性にかたむいてしまった髪を
本来の弱酸性に戻してあげるのがリンスです
(弱酸性のシャンプーを使えばリンスは必要ない)

私の感覚ではトリートメントは最後にする。というイメージがありましたが髪の内部にまで浸透するかしないかが大きな違いなだけの為
どちらか一方でよいようです。

●正しいやり方
・リンスもトリートメントも髪の地肌につかない(地肌に効果がある製品はのぞく)ようにつける

・つける場所は毛先

・トリートメントは髪の内部に浸透させるのが目的なので5分〜10分ほど放置する

リンスもトリートメントも、髪のコーティング剤です。頭皮につけても無意味です

すすぎですが、シャンプーほどではないですが適度に洗い流して(頭皮についた分はしっかり洗い流す)終了です。

シャンプーの仕方はこちら

スポンサードリンク

posted by yoshiko at 08:16| Comment(0) | 正しいシャンプーのやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

正しいシャンプーのやり方〜健康な髪にする〜

女性の髪の抜け毛や薄毛の悩みなどにもつながってくる毎日の髪のお手入れのシャンプー。

正しいシャンプーの仕方はどうすればよいのでしょうか?


1:髪を濡らす前に軽くブラッシング
頭の血行がよくなり汚れを浮き上がらせたり髪の絡まりを防いでシャンプー時の髪への負担を軽くします。

2:プレシャワーリング(前流し)
髪をよく濡らします。少し熱めの温度設定で濡らすというよりも流すという感覚。
ここで髪の汚れのなんと!60〜70%は落ちるのでしっかり濡らしてください。(時間は2〜3分ほど)


3:頭皮洗い(スカルプマッサージ)
シャンプー剤は手で泡立ててから頭皮につける

指の腹で毛穴の汚れを揉みだすようにマッサージしながら洗います。
爪をたてて洗わないように気をつけます(ムースやスプレーを使用したりして汚れが気になるときは2度洗いして下さい)

4:後流し(アフターシャワーリング)

よく洗い流します
シャンプーも大切ですがシャンプー剤をよく洗い流すことも大切です。
シャンプー以上によく洗い流しましょう。(3分以上がベスト)

*これは普通にお店で大量生産でつくられて売られている石油系シャンプーの場合です。

5:トリートメントやリンスをつけます。
頭皮に何かしらの効果があるトリートメント以外は
頭皮にはつけないことが大切。
詳しくは別の記事で

6:乾燥
シャンプー後は自然乾燥ではなく
ドライヤーで根元中心に8割くらい乾かす

濡れた状態の髪の毛は一番ダメージを受けやすいので
気をつける

私は特に髪をぬらすという概念しかなかったので
最初と最後しっかり流す、ということを気をつけてシャワーで入念にしたら驚くほど地肌がさっぱりして指どおりがなめらかになりました。
これからの髪の変化が楽しみです

正しいシャンプーで健康な髪の状態にしていたいですね^^


スポンサードリンク

posted by yoshiko at 21:04| Comment(0) | 正しいシャンプーのやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キネマ旬報ベストテン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。